砂型アルミ鋳造|ダイカストのことなら有限会社桜井産業

0268-22-6215AM8:00~PM5:00 土・日・祝日定休


創業以来、アルミ鋳造一筋にて運営をしております。お客様のニーズに最大限お答えするために、木型職人を配置し、どんな形状でも(薄肉、厚肉、フィン製品、小型~大型、インサート品等)形にすることが出来ます。
また、自硬性により鋳造を行い、全国トップクラスの硬化速度で砂型造型を行うと共に、バブリングマシンを導入し高品質なアルミ湯を作り、より密度が高く巣のない安定した製品を供給することには自信があります。何より弊社では、20代~40代の”活”の良い若手職人が現場で奮闘をしているため、短納期での量産には自信があります。

鋳物について

鋳物(いもの)とは、加熱して溶かした金属を型に流し込み、冷えて固まった後、型から取り出して作った(鋳造)金属製品のことです。鋳造しようとする形状を木で作った木型を用意することが一般的ですが、この木型も自社の職人によってどんな形状でもご用意することが可能です。この木型を利用し酸硬化性・熱硬化性の樹脂、粘結剤を加えた砂で型をとります。これを砂型と呼びます。

砂を用いる利点

型の成形が容易である。
砂型は砂粒の間に適度な隙間があり、熔けた金属が固まる時に発生するガスが速やかに放出される。
砂の比熱は小さく保温性があり、流し込んだ金属は緩やかに冷却されるので良質の鋳物が出来る。
製品を型から取り出す時には、簡単に型が崩せるので複雑な造形が可能。
使用後の砂型は、砕いた後、成分を調整して再利用が出来る。

更新情報・お知らせ

2018/07/20
2018/07/12
2017/10/30

» 更新情報・お知らせ一覧

サイト内検索

会社パンフレット


ダウンロード

お問合せ

TEL:0268-22-6215
受付:8:00~17:00
定休日:土・日・祝日